野球肩・投球障害肩

野球肩・投球障害肩は早期治療が大切です

投球動作におけるスムーズな運動連鎖の破綻により肩甲上腕関節に過剰な負担がかかった状態。

具体的には、股関節などの下肢機能障害や胸部・骨盤帯などの体幹機能障害に肩甲機能障害や腱板機能障害が加わり、加速期からボールリリースにおいて、関節窩に対する上腕骨頭の求心位が取れていない状態である。

実際には筋緊張や筋短縮などの筋機能異常正常な関節機能を阻害している場合が多く肩甲上腕関節は水平外転や過剰な内旋運動を強いられることになる。

この状態が持続すると棘上筋、棘下筋の移行部付近の腱板関節面断裂や上方関節唇剥離(SLAP病変)が起こりコッキング期から加速期の切り替えした時に両者が肩甲上腕関節内で狭まるインターナルインピンジメントが起こる。

助川接骨院では投球フォームチェックし、全身のバランス、筋力、可動域、疼痛を評価し原因を見つけてアスレティックリハビリテーションにより最短で競技に復帰できるよう導き、痛めにくい投球動作の指導も行っていきます。

水戸市の接骨院
助川接骨院

〒310-0053 茨城県水戸市末広町1-4-11
電話番号
029-233-9255
提携機関
水戸協同病院、岩間東華堂クリニック、クリック健康の杜
診療時間 日・祝
9:00 - 12:00 ×
15:00 - 20:00
15時-18時
×
ページ上部へ戻る