接骨院のご案内

水戸市の助川接骨院は施術経験豊富なスタッフが、責任を持って初回から最後まで治療担当いたします

助川接骨院では、従来の型にはまった施術は全く行っていません。患者さまの痛みの解消を第一にしているために治療効果の高い、独自の治療法を行っています。

助川接骨院

当院では初診の患者さまは予約ができますのでまずお気軽にご電話ください!

水戸市の助川接骨院では骨折脱臼といった骨に関する症状はもちろんですが、スポーツ外傷障害筋肉靭帯骨格など全身の様々なトラブルを根本から改善させていくための施術を行っております。気になる症状がありましたら何でもお気軽にご相談ください。

接骨院は柔道整復師という国家資格で骨折、脱臼、打撲、捻挫、挫傷に対する施術を行いますが、骨折、脱臼は初回応急処置は認められていますが、2回目以降は医師の同意が必要になります。助川接骨院では、水戸協同病院、岩間東華堂クリニック、クリック健康の杜など医療機関と医療連携していますので、病院で経過をみながら施術を継続することもできるので安心感があります。

助川接骨院では各種保険を使っての治療が受けられます。交通事故治療には自賠責保険、仕事中の怪我は労災保険、日常の怪我は健康保険を使った治療もできます。

助川接骨院の治療風景

助川接骨院では明るい雰囲気を大切にします。地域の方とコミュニケーションを取りながらつらい症状からの治療・改善効果を上げてまいります。ご不明な点、不安な点がございましたらお気軽に近くのスタッフにお声を掛けてください。親身になってご相談承ります。

助川接骨院 治療風景

明るい雰囲気の中、患者さんと和気あいあいとしなからつらい症状のケアをしてまいります。

助川接骨院 治療風景

部活動や体育の授業中での怪我もご相談ください。スポーツで起きた打ち身・捻挫を正しい処置で早期回復を目指します。

助川接骨院 治療風景

お子様も安心して通院できます。体育、部活動の事故・怪我の治療も行います。また、怪我を繰り返さないためのトレーニング方法もお教えいたします。

AKA博田法を研究した新たな施術

助川接骨院では大阪大学整形外科の博田節夫先生が開発した[AKA博田法]を研究、応用し施術に取り入れております。このAKA博田法というのは、関節運動学に基づき、関節神経学を考慮して関節の遊び、関節面の滑り、回転、回旋などの関節包内運動の以上を治療する方法、及び関節面の運動を誘導する方法で、身体の関節を始めとするさまざまな痛みを根本から取り除いていくために効果的な治療方法なのです。助川接骨院のAKA博田法応用施術は、AKA博田法の考えを元に研究し、応用したものを取り入れており、新たな施術法でもあります。。腰が痛い、などの痛みのある部位に原因があるというわけではなく、その痛みの元を辿って行くと身体のゆがみが見つかります。そのため、痛みのある部位とは離れた部位に対して施術をする事があります。しかし、きちんとつらい痛みが改善されていくので不思議に思う患者様もいらっしゃるかと思います。

ソフトな力でおこないますので安全です

助川接骨院のAKA博田法の応用施術は非常にソフトな力でおこないます。整体治療というと骨をボキボキしたり、筋肉のコリを強く押してほぐしたりというイメージがあるかもしれませんが、そういった施術とは異なります。ソフトな力ながらも施術後は確かな効果を実感して頂けることでしょう。特に肩のインピンジメント、腰痛の方はお勧めです。

助川接骨院は夜20時まで開院しています

お仕事帰りでも安心してご来院して頂けるよう、平日の開院時間を19時から20時に延長いたしました。慌てずご来院ください。

提携病院・クリニックのご案内

助川接骨院は水戸協同病院、岩間東華堂クリニック、クリニック健康の杜、中杉通り整形外科と医療提携をしていますので、患者さまの希望や骨折、脱臼、石灰化他の疾患が疑われるときは紹介し病院で経過観察しながら通院できるので安心です。

助川接骨院へのアクセス

お車の方
水戸駅からご来院の場合、大工町交差点を水戸駅を背にして栄町方面へ右折します。600m程進行しますと左手にセブンイレブン末広町店が見え、国道118号と交差する末広町1丁目交差点に突き当たります。末広町交差点を左折、250m程進むと左側に当院が見えます。目の前が駐車場ですのでご自由にお停めください。

バスでご来院の方
茨城高校入口停留所下車、徒歩2分です。

来院の方法がご不明な方はお気軽に029-233-9255までお電話ください。ご説明いたします。

水戸市の接骨院
助川接骨院

〒310-0053
茨城県水戸市末広町1-4-11
電話番号
029-233-9255
診療
時間
日・祝
9:00 -
12:00
×
15:00 -
20:00
18時迄 ×
ページ上部へ戻る