TFCC(三角線維軟骨複合体)損傷 | 水戸市の助川接骨院

お問い合わせはこちら

TFCC(三角線維軟骨)損傷

筋肉の緊張をほぐす助川接骨院の根本治療

手関節の尺側(小指側)に捻転力や圧迫力が加わった際に起きる症状で、軟骨、靱帯の損傷とさらに周囲の腱鞘炎も起こり、手関節の小指側の上、横、下に疼痛、圧痛、手関節の背屈痛、尺側痛があります。

放っておいても直らず、1〜2年たっても症状が変わらない場合もあり、手術しても結果が良くない例が多い場所です。しかし早期に助川接骨院で施術することにより驚くほど速く痛みがなくなる場合が多々あります。

悩んでいるよりも、より一刻も早く来院して下さい。早ければ早いほど痛みは取れやすいです。
施術法は独自の関節調整法、牽引法、散らし法、ミルキング法、テクニカガビラン療法により、圧迫され炎症で高くなっている関節内圧を下げ、Gメーターにより炎症による+イオンを-イオンに置き換え、ライズトロンにより患部の軟部組織をゆるめ血流を良くして組織を改善させていきます。