スポーツ障害・スポーツ外傷

水戸市・末広町・泉町の助川接骨院でスポーツ障害・スポーツ外傷も迅速に改善!

スポーツ外傷とはスポーツによる急性の怪我を指し、スポーツ障害とはスポーツを繰り返すことにより起きる障害を指します。詳しくは原因の違いですがここでは一緒に扱います。 どういうとき起こるかというと、ぶつかり、転倒で起きる、骨折、脱臼、捻挫(靭帯損傷)、打撲、挫傷、空振り、踏み込みなど自家筋力による、筋挫傷、肉離れ、強い打撲により組織が損傷し循環障害、筋収縮により、筋、血管、神経 が圧迫、絞扼されるコンパートメント症候群といいます。助川接骨院で得意としているスポーツ外傷・障害を取り上げていきます。

・顎関節症 ・頚部捻挫 ・野球肩 ・野球肘 ・ゴルフ肘 (上腕骨内側上顆炎) ・テニス肘(上腕骨外側上顆炎) ・TFCC(三角線維軟骨損傷) ・腱鞘炎(ドッケルバン) ・脊椎のズレ ・肋間神経痛 ・ヘルニア ・腰椎分離症 ・腰椎すべり症 ・仙腸関節炎 ・梨状筋症候群(コンパートメント) ・股関節炎 ・鼠径部症候群 ・腸脛靭帯炎 ・ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎) ・鵞足炎 ・オスグット ・シンスプリント ・前脛骨筋症候群(コンパートメント) ・アキレス腱炎 ・踵骨骨端炎 ・足の腱鞘炎(前脛骨筋腱、長母指伸筋腱、長趾伸筋腱、短腓骨筋腱、長母指屈筋腱、後脛骨筋腱) ・足底腱膜炎 ・足の種子骨障害

スポーツを健康的に進めて行く上で非常に需要なのはきちんとした動きの基礎を身に着けることにありまして、それを守ることが長期的にスポーツを続けられる体質を維持できることを意味しているのです。助川接骨院は障害に対する治療も確実にご提供していますが、スポーツ外傷が発生しにくい体を構築するために日頃において家庭でもできる健康ケアなどをご指導しています。また、最近は障害などに十分に気を使っているはずのプロのアスリートも障害に悩むケースが増えていまして、常に記録との戦いに挑まなければならないプロスポーツになりますと障害を回避するのがやはり困難だと言えるでしょう。これらプロのアスリートも専門的な障害治療を徹底的に受けませんと効果的な回復が望めず、結果的に引退に追い込まれるような事態にもなり兼ねないのです。 助川接骨院では、年齢に関わらずにスポーツ外傷に悩む方の治療を進めているのです。

水戸市の接骨院
助川接骨院

〒310-0053 茨城県水戸市末広町1-4-11
電話番号
029-233-9255
提携機関
水戸協同病院、岩間東華堂クリニック、クリック健康の杜
診療時間 日・祝
9:00 - 12:00 ×
15:00 - 20:00
15時-18時
×
ページ上部へ戻る