シンスプリント | 水戸市の助川接骨院

お問い合わせはこちら

シンスプリント

スポーツによるシンスプリントは助川接骨院で治療を

シンスプリントというのは、脛骨の内側部分に痛みを伴う脛骨の骨膜炎でスポーツの練習に励まれているという方ほどシンスプリントが起こる可能性が高まります。
スポーツや日常生活で荷重の仕方が悪いと簡単に起こってしまう場合があります。

シンスプリントになってしまったら…

・つま先荷重禁止
・ふくらはぎストレッチ
・足関節ストレッチ
・ふくらはぎ圧迫サポーター装着
・アイシング

シンスプリントはテクニカガビラン療法が効果的。

ランニングやジャンプ動作の繰り返しで起こる症状

シンスプリントは、繰り返しのランニングやジャンプ動作によって起こったり、部活動を始めたばかりでいきなり運動量が増えたりする場合に発症しやすくなります。
一部分にばかり負担がかかり続ける事でシンスプリントが起こりますので、運動前後の入念なストレッチ、またご自身の筋力に合わせた運動量を調整するということが大切です。
痛みを感じたら無理をせずに助川接骨院へご相談ください。

慢性化すると疲労骨折につながることも…

シンスプリントは、運動をしているときにだけ痛み、普通に過ごせるために治療開始が遅れてしまいがちです。
運動をするたびに痛みが出てきて、慢性化させてしまうと疲労骨折を起こしてしまう事もあります。
重症になってしまう前に助川接骨院にて正しい治療を受けましょう。