腱鞘炎・ドゥケルバン

手関節橈側部に圧痛をきたす外傷で手関節背側第1コンパートメントを通過する長母趾外転筋腱、短母趾伸筋腱の炎症である。

実際には上側の短母趾伸筋腱の炎症が起因するとされている。慢性の機械的刺激が主因であり中年以降の女性や周産期の女性に多発し、ホルモンも関係すると言われている。

助川接骨院では手関節~指関節をAKA療法により緩め、刺激療法で炎症をちらし、手技療法、高周波テクトロンの施術で患部の炎症を低下させて痛みをとっていきます。

痛みが少ないからと安心しているとあっという間にどんどん積み重なってお箸も持てないくらいの痛みになるので、早く来院することが早く良くなるポイントです。

水戸市の接骨院
助川接骨院

〒310-0053 茨城県水戸市末広町1-4-11
電話番号
029-233-9255
提携機関
水戸協同病院、岩間東華堂クリニック、クリック健康の杜
診療時間 日・祝
9:00 - 12:00 ×
15:00 - 20:00
15時-18時
×
ページ上部へ戻る