ジャンパー膝 【膝蓋腱炎】 | 水戸市の助川接骨院

お問い合わせはこちら

ジャンパー膝(膝蓋靱帯炎)

ジャンパー膝は過負荷による腱の局所変性や部分断裂が生じた時の牽引力の結果生じる膝蓋靭帯や大腿四頭筋腱に炎症が生じたものである。
症状はジャンプやキック、登山やランニングのあと膝蓋骨の少し上か、膝蓋靭帯に沿っての下に痛みがあらわれます。

その他日常生活で悪化させてしまうのは自転車、階段、坂道、ヒール、つま先立ち走り等があるので出来るだけ避けて下さい。

予防は運動前のウォームアップ、運動後のアイシング、あと全てを通しての膝蓋靭帯のケア(当院にて指導します)です。
ジャンパー膝は容易に治ると思ってはいけません。線維連続性の破綻、粘液変性、類線維素壊死、瘢痕などが生じることがあるから手術になる場合もあります。
できるだけ早期にまず助川接骨院にて施術を受け、早期にスポーツ復帰を目指す事をお勧めいたします。