グローインペイン症候群(鼠径部痛症候群) | 水戸市の助川接骨院

お問い合わせはこちら

グローインペイン症候群(鼠径部痛症候群)

股関節周辺に明らかな気質的疾患がなく体幹~下肢の可動性・安定性・協調性に問題を生じた結果、骨盤周囲の機能不全に陥り、運動時に鼠径部周辺に様々な痛みを起こす症候群

サッカー・ラグビー・女子陸上選手に多い疾患で、長期間練習を休んでも治らず、手術も行われていた疾患であるがアスレティックリハビリテーションが確立されてきて手術と変わらないパーセンテージで治癒に至る様になっています。

助川接骨院でも何例もアスレティックリハビリテーションにより競技復帰しています。

どこへ行ったらいいか迷われている肩は助川接骨院へご連絡ください。症状により提携病院で検査いただく場合もありますが、骨折など器質的疾患がなければ助川接骨院でのアスレティックリハビリテーションにより短期間で協議に復帰できるよう最善をつくしますので、どうぞご来院ください。