AKA博田法を研究した新たな施術 | 水戸市の助川接骨院

お問い合わせはこちら

AKA博田法を研究した新たな施術

youtsuu

助川接骨院では大阪大学整形外科の博田節夫先生が開発した[AKA博田法]を研究、応用し施術に取り入れております。このAKA博田法というのは、関節運動学に基づき、関節神経学を考慮して関節の遊び、関節面の滑り、回転、回旋などの関節包内運動の以上を治療する方法、及び関節面の運動を誘導する方法で、身体の関節を始めとするさまざまな痛みを根本から取り除いていくために効果的な治療方法なのです。助川接骨院のAKA博田法応用施術は、AKA博田法の考えを元に研究し、応用したものを取り入れており、新たな施術法でもあります。。腰が痛い、などの痛みのある部位に原因があるというわけではなく、その痛みの元を辿って行くと身体のゆがみが見つかります。そのため、痛みのある部位とは離れた部位に対して施術をする事があります。しかし、きちんとつらい痛みが改善されていくので不思議に思う患者様もいらっしゃるかと思います。

【ソフトな力でおこないますので安全です】

助川接骨院のAKA博田法の応用施術は非常にソフトな力でおこないます。整体治療というと骨をボキボキしたり、筋肉のコリを強く押してほぐしたりというイメージがあるかもしれませんが、そういった施術とは異なります。ソフトな力ながらも施術後は確かな効果を実感して頂けることでしょう。特に肩のインピンジメント、腰痛の方はお勧めです。